【Sokki Voice】Windows用の音声入力ソフト

Sokki Voice(話してパソコン入力 via the Web)

  • Windowsの任意のアプリケーションに直接音声入力できます。
  • 音声認識にはGoogle の音声認識を利用できるため、認識の精度はとても高いです。
  • 音声認識結果を補正機能やキーワード入力でカスタマイズできます。
  • 音声でマウスポインターの移動やクリックもできます。
    ハンズフリーで大部分のPC操作が可能です
    また別途ダウンロードの付属ツール「Tool for Sokki Voice」を使用すれば、音声で音声認識を開始することもできます。
  • 登録したアプリやファイルを音声コマンドで開くこともできます。
  • 操作も簡単です。
  • 日本語の他に英語(US)の音声認識にもできます。
Sokki Voiceでメモ帳に音声入力してる様子

※Windows 11のメモ帳(タブ機能付きの新しいアプリ)に音声入力する場合は、
詳細設定画面で「入力方法2:クリップボードから貼り付け」を選択してください。

Microsoft IMEを使用してのテキストの変換している様子(Google 日本語入力やATOKでも可能)

※入力先のアプリケーション(Google ドキュメント等)によっては変換キーで選択した文字を再変換できない場合もあります。
※ATOKの場合は選択したテキストの変換は「Shift+変換」で行うことができます(ATOKの設定によっては変換キーの場合もあります)。

音声入力を使っていると発音をミスってしまったり、発音が不明瞭で入力された内容が意図しないものになることがあると思います。
その際に、誤入力された内容をキーボードやマウスで削除するというのは案外手間だったりします。
Sokki Voiceでは音声コマンドを利用して直前に入力した内容を削除することもできます。

こんな用途で利用されてます

  1. ブログの記事を作成
    ・WordPressにも直接音声入力できます。
    ・音声入力とキーボードを併用できるため、入力内容の修正もキーボードで簡単に行えます。
    ・Googleの音声認識は専門性の高い言葉に対してもしっかり音声認識してくれます。
    ・補正機能を利用して認識結果をカスタマイズできるため一般的でない言葉も音声入力できます。
    ・うっかり話した言葉を入力しないためのポカヨケ機能もあります。
  2. 製造業の業務でExcelなどのチェックシートへの入力
    ・エクセルなどの表に音声入力後にカーソルを上下左右に自動で移動できます。
    ・音声認識が難しい言葉もキーワードに登録すれば、簡単にキーワードで音声入力できます。
    ・音声認識のレスポンスも早いため入力作業をスムーズに行えます(一言モード使用時)。
  3. 薬局での記録入力
  4. Microsoft Wordでの文書作成
  5. Google ドキュメントでの文書作成
    Google ドキュメントにも音声入力機能はありますが、Sokki Voiceを利用してGoogle ドキュメントで文書を作成してるという方もいます(補正機能を利用できるからだと思います)。

音声認識(Web Speech API)のデモ

Sokki Voiceが音声認識で利用しているWeb Speech APIを利用した音声認識を試す方はここをクリックしてください。

音声認識の精度を確認する事ができます。

記号の音声入力方法と音声認識結果のカスタマイズは?

記号の音声入力方法(ソフト上の画面で確認できます)

音声認識結果のカスタマイズはこんな感じです。
Google(またはMicrosoft)で音声認識された結果を実際に入力したい内容に補正することができます。

補正テーブルの設定画面

補正テーブルを設定することで音声入力した内容をキーボードで修正する回数を減らすことができます

音声コマンド拡張設定を利用して下記の内容が可能になります。

  • 音声で、BackSpaceを操作して最後に音声入力した内容を削除すること
  • 音声で、音声入力した内容を選択すること
  • 音声で、音声入力した内容をIMEを使用して再変換すること
  • 音声で、Ctrl+C、Ctrl+Sなどのショートカットキーを操作すること
  • 音声で、音声認識を停止すること
  • 他にも様々なショートカットキーを音声で操作することができます。

音声でショートカットキーを操作するには、
下記①のチェックを入れて②の[拡張設定]をクリックして行います。

そのあと音声コマンド(実行するために認識させる言葉)実行する内容(ショートカットキーなど)を設定していきます。
設定しておくと特に便利なのは、下のリストのNo.1の「削除コマンド」になります。発音を間違った場合などに使うと便利です。

音声コマンド拡張設定の設定画面

カスタム設定もあります。

音声コマンド拡張設定画面(カスタム設定)

○キーワードで住所や電話番号などを入力することもできます。
設定画面はこんな感じです。

キーワード入力の設定画面

No.3に関してはキーワード「私の住所と携帯番号」で下記のように住所と携帯番号を改行を挟んで入力できます。
○○県□□市XXXーY
090-XXXX-YYYY

ソフトの価格

 Sokki Voiceは有料ソフト 2500円(手数料・消費税込) ですが、無料で30日間全ての機能を利用できます。30日経過した後でもこちらから利用料金を請求することはありません。
ソフトのインストールは不要で、ソフトがいらなくなった時はダウンロードしたファイルとフォルダを削除するだけです。

Sokki Voice (話してパソコン入力 via the Web) のダウンロード

下のリンクからSokki Voice(話してパソコン入力 via the Web)をダウンロードできます。

ダウンロードするサイト(ベクター)へのリンク:
話してパソコン入力 via the Webの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
Googleの音声認識を利用して直接Windowsの任意のアプリに音声入力できる 操作も簡単
   

ソフトのダウンロードから音声入力するまでの手順を紹介している記事を読む場合は、
こちらをクリックしてください。

※職場のPCで使用できる機能に制限がかけられてる場合や、Windowsに標準で搭載されているライブラリやフレームワークが使用できないPCなどでは本ソフトウェアを利用できない場合があります。ソフトを購入する前にダウンロードしたソフトを試用版で起動して、実際使用環境でソフトが動作することを確認してからソフトを購入してください。

音声入力までの流れ

1.Sokki Voiceを起動すると下の画面が表示されます。

Sokki Voiceの設定画面

2. 音声認識に使用するブラウザ選択します(デフォルト設定はGoogle Chrome)。

3. 下図の青いマイクをクリックすると音声認識画面を開いて音声認識を開始します。

音声認識のオンオフをコントロールするウィンドウ
音声認識画面(左)と音声認識中の音声認識ON/OFFウィンドウ(右)

4. 音声入力したいアプリにカーソルを合わせてマイクに入力する内容を話してください。

メモ帳に音声入力している様子

音声認識画面(ブラウザ)はバックグラウンドで開いておけばオッケーです(最小化した状態でも構いません)
メモ帳以外にも、Microsoft Excel や Microsoft WordまたWordPressなど任意のアプリケーションに音声入力できます。

音声認識のオン・オフを切り替える方法

・音声認識ON/OFFウィンドウのマイクのアイコンをクリックして音声認識のON/OFFを切り替えることができます。

・タスクバーのマイクのアイコンをクリックして音声認識のオンオフを切り替えることもできます。

タスクバーのアイコン

・ショートカットキーで音声認識のオンオフを切り替えることもできます。

音声認識の精度について

下の写真のマイクを使用して音声入力した例を紹介します。
使用したマイクはELECOMの1000円程度のものです(正確な価格は忘れました)。

音声入力をする際に使用したヘッドセット

・音声入力した例1

音声入力した内容:
このソフトはWindows 用の音声入力ソフトです。
音声認識はGoogle またはマイクロソフトのサーバー上で行われます。音声認識の精度はとても高く十分に実用的だと思います。
また本ソフトウェアは句点の自動入力も可能です。音声入力を使用するとパソコンの作業がかなり楽になります。ぜひ一度使用してみてください。

※上記の音声入力の例では句点は自動入力しています。
※上記の音声入力の例ではキーボードによる修正は行なっていません。

音声入力した

音声入力した文章:
今日は2021年2月20日(土)です。久しぶりに今日は夕方まで天気がいいみたいです。
天気が良いとやはり嬉しいですね。せっかくなので、少し海沿いの道をドライブしてみようと思います。

上の例文程度なら一文字も間違わずに正確に入力できることもあります(句読点、丸括弧も音声で入力しています。ただ「土」の部分は「つち」と発音しています)。

音声認識(Web Speech API)のデモ

実際に音声認識の精度を確認したい方はここをクリックしてしてください。

Sokki Voice(話してパソコン入力 via the Web)の特徴

任意のアプリケーションに音声入力ができます。
アプリケーションのカーソル位置に音声入力できるため、文字の挿入や、文の修正をする際にも音声入力を利用できます。
 また文書作成以外にも「ファイル名の検索」、「文書内の文字検索」、「名前を付けて保存」などの文字を入力するあらゆるケースで音声入するためのソフトです。

〇会話をしながら音声入力する状況や、うっかり話した内容を音声入力したくない場合にも対応できます。
キーボードの [Ctrl] + [Windows] を押した時のみ音声入力できるようにもできます。
また [Ctrl] + [Windows] を押さない時も音声入力できるようにもできます。

ヘッドセットを使用すれば比較的小さい声で話した場合もしっかり音声入力できます。

〇ライセンスキー価格:2500円(手数料・消費税込)
※30日間無料で全ての機能をお試し利用できます。30日経過した後もこちらから利用料金を請求することはありません。ソフトが不要になった場合はダウンロードしたファイルとフォルダを削除するだけです。

ソフトウェア詳細

ソフトウェア機能 
①キーボードで入力可能なアプリへの直接音声入力
・認識結果の補正機能有
・音声で句読点の入力、改行が可能
・キーワードでの音声入力が可能
音声でCtrl+Cなどのショートカットキーを操作する機能

③音声でファイル、フォルダ、Webページを開く機能

音声認識方法GoogleまたはMicrosoftの音声認識(Web Speech API)
※音声認識(音声データのテキストデータへの変換)はGoogleまたはMicrosoftのサーバーで行われますMicrosoft Edgeへの対応はVer.2.0.1からになります。

動作環境:
・OS:日本語版のWindows 10 および Windows 11インターネットに接続されている事Google ChromeまたはMicrosoft Edgeがインストールされている事

※職場や学校などで使用できる機能に制限がかけられている場合や、Windowsに標準で搭載されているライブラリやフレームワークが使用できないPCではソフトが動作しない場合があります。
※本ソフトウェアを起動中は IIS や Apache 等の Web サーバーソフトが動作しない可能性があります。またIIS や Apache 等の Web サーバーソフトを起動中は本ソフトウェアが動作しない
可能性があります。
※ソフトウェア(ライセンスキー)を購入する前に実際の使用環境でソフトが動作することを確認してください。
    
ライセンスキー価格:2500円(手数料・税込)  
お支払い方法:ベクターのシェアレジ  
※試用版は無料で使用できます。  

ダウンロードするサイト(ベクター)へのリンク:
話してパソコン入力 via the Webの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
Googleの音声認識を利用して直接Windowsの任意のアプリに音声入力できる 操作も簡単
   

ソフトのダウンロードから音声入力するまでの手順を紹介している記事を読む場合は、
こちらをクリックしてください。

※職場のPCで使用できる機能に制限がかけられてる場合や、Windowsに標準で搭載されているライブラリやフレームワークが使用できないPCなどでは本ソフトウェアを利用できない場合があります。ソフトを購入する前にダウンロードしたソフトを試用版で起動して、実際の使用環境でソフトが動作することを確認してからソフトを購入してください。

タイトルとURLをコピーしました